ごはんできたよ

おうちごはんが好き

ポンデケージョで休日の朝ごはん

休日の朝ごはん。

パンが無かったので、急遽ポンデケージョを作りました。

チーズともちもちの食感が好きで、時々食べたくなります。

生地を作り、くるくるっと丸めて・・・。

f:id:gohandekitayo:20180114120710j:image

 

オーブンから取り出すとチーズのとても香ばしい匂いが食欲をそそります。

あちこち爆発しているのが表情があって可愛い。

f:id:gohandekitayo:20180114120720j:image

 

バナナ入りヨーグルトと共にいただきます。朝食では、できるだけ果物かヨーグルトなどの乳製品を食べるようにしています。

f:id:gohandekitayo:20180114120730j:image

  

ヨーグルトは以前よりスーパーで見かけていて気になっていた湯田牛乳の『プレミアム湯田ヨーグルト』を初購入。

これ、ヨーグルトの容器としては珍しいアルミのスタンドパウチ袋に入っています。ヨーグルトとしてはちょっとお高めなのと、800gと量が多めなのでなかなか手がでなかったのですが、思い切って購入してみました。

f:id:gohandekitayo:20180114120744j:image

パッケージに記入している通り、もっちり濃厚で美味しい!

ぽってりとしていて重量感がありますが、とてもなめらかで酸味が少なく、ミルキーな味わいです。とても好きな感じのヨーグルトで、また購入したいと思います。

 

このヨーグルトは加糖タイプなので、そのままバナナにかけて頂きます。

f:id:gohandekitayo:20180114120756j:image

以前はバナナヨーグルトのバナナは包丁でカットしていたのですが、最近は手でちぎるようにしています。その方がバナナの香りもたって、食感もよいことに気づきました。よかったら試してみてくださいね。

 

簡単ですが、ちょっとしあわせな朝ごはんです。

 

ごちそうさまでした(*´ー`*)

 

すっきり濃厚タイプもあるので、次はそれを購入したいと思います。


 

パティスリー ベルン 『焼きドーナツ』

今日のおやつは頂き物。

西宮にあるパティスリー ベルンのヤキドーナツです。

 

f:id:gohandekitayo:20180113230305j:plain

以前に焼きドーナツが流行ったことがありましたよね。

このヤキドーナツを食べたのはそれよりも昔で、どうも焼いたドーナツというのがピンとこなくて、初めてパッケージを見たときは、『ヤギドーナツ』だと思ってました。 

材料にヤギ乳が入っているのかな・・・と 笑。

 

 

f:id:gohandekitayo:20180113230339j:plain

全体にキレイな焼き色がついていて、とても美しいし、なによりおいしそうです。

 

 

f:id:gohandekitayo:20180113230452j:plain

 名前の通り揚げているのではなく、焼いて作るベイクドタイプのドーナツです。とてもきめの細かい生地で、ドーナツというよりもスポンジケーキをギュッとした感じです。

詰まった感じのしっかりとした生地ですが、口の中でスッとほどける感じで、とても口どけが良いんですよー。

あぁ・・・断面の写真を写しておけばよかった。

 

 

f:id:gohandekitayo:20180113230352j:image

今日はとても寒かったので、ヤキドーナツのお供は熱々のブラックコーヒで。

牛乳もよく合います。

 

f:id:gohandekitayo:20180113230510j:plain

シンプルですが、また食べたくなる味です。

20年来のロングセラーヒット商品だそうです。他にはシナモン味もあって、それも風味が良くとてもオススメです。

 

実はヤキドーナツいつも頂き物ばかりで、お店に行ったことがないんです。

本店の2Fがカフェになっていて、そこで焼きたてのドーナツが食べられるとか!それも魅力的で、ぜひ行ってみたいなぁと思っています。

 

ごちそうさまでした(*´ー`*)

 

 

コストコに行ってきました

いつも使ってるリアルマヨネーズのストックが残り少なくなってきたので、コストコに行ってきました。

 購入品全体の写真を撮り忘れてしまいましたが、10点の購入になります。

 

f:id:gohandekitayo:20170930100913j:image

本マグロとサーモンのお寿司 1980円

今日の晩ごはん用に。

コストコで売っているアトランティックサーモンが大好きなのですが、サイズが大きすぎるので、手軽に味わえるお寿司をよく購入します。今日はなんだかお値段が高いな・・・と思ったら、巻き寿司がネギトロではなく鉄火巻きになっていました。まぐろは養殖ですが本マグロです。中トロ位脂がのっていて、本マグロもサーモンも、とてもおいしかったです。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170930100856j:image

ショーソン・オ・ポム 15個入り 899円

簡単にいうとフランス風のアップルパイです。パイ生地を2つ折りにぱたんと折りたたんだ中に、リンゴのフィリングが入っています。店内POP に『リンゴの産地で有名なフランス ブルターニュ地方のリンゴを使用したコンポートをバターの香り漂う生地で包み、店内で焼き上げました。』と書いてあり、原材料をみると油脂はバターのみです。感想は後ほど・・・。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170930100939j:image

WHITE SMOKE スモークベーコン 294g 790円

こちらは量り売りになっていて、大きさによって値段が変わります。ベーコンはよく使うので、初めて購入してみました。スモーキーな色がとてもおいしそうです。

f:id:gohandekitayo:20170930101001j:image

原材料はとてもシンプル。また後日食べた感想をアップしますね。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170930101025j:image

ウィターズ チョコレートプラリネ 1248円

イタリアのチョコレートで、リピ購入品です。 

f:id:gohandekitayo:20170930101048j:plain

たっぷり1kg入っているので、職場におすそ分けで持っていきました。 

 f:id:gohandekitayo:20170930101101j:image

カットするとこんな感じです。ミルクチョコレートでミルククリームがコーティングされており、中にはサクサクのパフが入っています。イメージとしては不二家のミルキーチョコレートのミルククリームがたっぷり入っている感じかな。めちゃめちゃ甘いのですが、疲れているときに、ブラックコーヒーと一緒に癒しの時間に。まだ今の時期だとミルククリームがやわらかくなりすぎるので、冷蔵庫で冷やして食べるのがオススメ。甘さも和らぎます。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170930103332j:image 

葛根湯エキス 63包 1298円

満量処方でこのお値段は安いので、我が家は常備薬として置いています。お薬は薬局コーナーで別会計になります。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170930101122j:image

その他、食品の購入品はこちらです。先月と同じリピ品になります。

・印度の味 バターチキンカレーペースト 2PC 928円

・ベストフーズ リアルマヨネーズ 860g 558円

 

gohandekitayo.hatenablog.com

 

 

 ・ランガーズ マンゴーネクター 1ガロン(3.78L) 868円

ブログ見直してたら、これ先月購入していなかったですね。1ガロンという日本ではまず見かけないアメリカサイズのジュースです。初めて見た時は、ダウニーみたいな柔軟剤かと思いました 。果汁は20%ですが、ちょっと甘めながら充分マンゴー感があり、マンゴー大好きな我が家では値段を気にせずゴクゴク飲めるので、よく購入しています。でも結構置いていない時が多いんですよね・・・。このサイズでは冷蔵庫に入らないので、天然水を飲んだ後の1.5Lペットボトルを取っておいて小分けにして冷蔵しています。牛乳で割ったらミックスジュースっぽくなるし、ヨーグルトと混ぜてマンゴーラッシーにしてもおいしいですよー。

 

 

今回はこれも目的の一つで、コストコに行ってきました。

f:id:gohandekitayo:20170930101153j:image

 

 SHERPA(シェルパ) ひざ掛け 1798円からクーポンで300円引き

何度も買い直しをして、使い始めて何年にもなります。冬になると、うちでは欠かせないアイテムです。

f:id:gohandekitayo:20170930101207j:image

f:id:gohandekitayo:20170930101221j:image

質感が伝わりますか?表面がビロードのようにすべすべしていて肌触りよく、裏はまるぬいぐるみのようにもふもふで、とっても暖かいんですよ。洗濯すると少しずつ質感は失われてきますが、それでも2年くらいは使っています。大判のひざ掛けなのでサイズはお布団より若干小さめですが、真冬だとすべすべを下に敷いたり、羽毛布団との間に挟んでぬくぬくで眠ったりと本当に活用しています。

ソファーでこのひざ掛けをしていると寝落ち必須なので気を付けていますが、やっぱり気持ち良くて寝ちゃいます 笑。

今回のクーポン価格は10/1迄ですが、シーズン中は何度かクーポン価格になると思います。クーポン無くてもオススメですよー。

 

 

早速ショーソン・オ・ポムでティータイムです。

f:id:gohandekitayo:20170930101240j:image

パッケージの蓋を開くとバターのいい香りが。

アップルパイ好きの息子が先に食べ始めて『これ、あかんヤツや・・・』と言ったので、失敗したかなぁと思ったら、パイはサクサクほろほろフィリングは甘さ控えめで、手が止まらないという意味でした。

 f:id:gohandekitayo:20170930101305j:image

私もアイスコーヒーをお供に。焼き立てだったのか、本当にサクサクでおいしい。昼食を食べてなかったせいもありますが、あっという間に3個食べてしまい、これはいけないと蓋を閉めました 笑。

  f:id:gohandekitayo:20170930101319j:image

f:id:gohandekitayo:20170930101337j:image

断面はこんな感じです。折りパイは綺麗な層とまでは行きませんが、充分膨らんで空気感がありサクサクになっています。バターの香りは強いけど、油脂感は強くなくアッサリとしたパイ生地でした。フィリングはシナモン無しの甘さ控えめリンゴの甘煮です。パイは3口ほどのサイズ感です。15個入りなのに、2人でおやつと次の日の朝ごはんで食べきってしまいました。また買おう。

 

ごちそうさまでした(*´ー`*)

 

 

懐かしい喫茶店風のたまごサンドの朝ごはん

オシャレなcafeではなく、昔からある喫茶店のたまごサンドを作りました。

f:id:gohandekitayo:20170916001239j:image

 

 

ゆで卵をマヨネーズで和えたフィリングを挟むパターンも作るのですが、今日は厚焼きたまごタイプを食べたい気分。

 f:id:gohandekitayo:20170916001411j:image

 

【たまごサンドの作り方】

厚焼きたまごは四角く焼きたいので、卵焼き用のフライパンを使ってます。

卵にお砂糖とほんの少しの塩、牛乳を加えて混ぜておきます。熱したフライパンにバターを溶かして卵液を入れて、ふんわりとスクランブルエッグ状に箸でかき混ぜて焼きます。

半熟になったら少し触らずに、焼き面を固めます。それをパタンと二つ折りにしたら食パンに挟むのに丁度良いサイズの四角い卵焼きになります。

今回は卵1個ですが、ボリューム出したい時は2個で焼いてます。直ぐに食べる時は食パンにバターは省略。マスタードのみ塗ってます。

食パンに卵焼きを乗っけたら、お好みでマヨネーズとケチャップを塗って、パンで挟みます。私はマヨネーズ多目が好き。

…文字では分かりにくいですね、今度写真写しながら作りますね。

 

 

大好きないちじくと一緒に。

f:id:gohandekitayo:20170916002555j:image

 

 

私の住んでいる所は、結構有名ないちじくの産地の近くです。以前は百貨店などに出荷されていたそうですが、最近は出荷量が増えたのか、地元でも手軽に買えるようになりました。いちじくの独特な風味とプチプチとした食感が大好きなので、シーズン中は週に何度も食べてます 。 

f:id:gohandekitayo:20170916002941j:image

山盛りです  笑。

 

 あったかいたまごサンドが、おいしかった。

ごちそうさまでした(*´ー`*)

 

 

 

ママのえらんだ元町ケーキ 『ざくろ』

元町ケーキは1946年(昭和21年)創業の歴史あるケーキ屋さんです。(ここはパティスリーではなく、敢えてケーキ屋さんと呼びたい。)ざくろは今まで食べた中で、一番大好きなケーキです。シンプルなフォルムで、どこか懐かしいような味わいのケーキ。

 

 本店は元町商店街から、てくてくと少し路地を歩いたところにあります。そこまで行けばいろんな種類のケーキが選べますが、今回は大丸神戸店で購入。大丸神戸店では看板商品のざくろが沢山と、ラムケーキ、ロールケーキと、その時々によって少しの種類のケーキを販売しています。

f:id:gohandekitayo:20170913222650j:plain

ざくろ 270円  ・・・や、安くないですか!?

 

 卵黄のみ使用した、ふわふわとした軟らかいスポンジで 甘さ控えめでミルク感のある生クリームをたっぷりと包み、その上に大きな苺が乗っていて、少しの粉砂糖でお化粧。

スポンジ、生クリーム、いちごといった本当にシンプルな造りであるがゆえに、素材へのこだわりと技術の高さが感じられます。

f:id:gohandekitayo:20170913222703j:image

 

 このカステラっぽいスポンジケーキに、たっぷり入ったミルキーな生クリームと苺の酸味の組み合わせが本当に、ほんとーにおいしくて大好きです(*´ー`*) 試したことはないのですが、たぶん1度に3個はへっちゃら。

大丸のクリスマスケーキのカタログに、特大のざくろケーキが出ていたのを見たことがあります。いつかあのキングサイズのざくろを独り占めして食べるのが夢です 笑。 

 f:id:gohandekitayo:20170913222727j:image

 

 最近、自分で作るものは、料理もスイーツもシンプルなものに心惹かれます。

古典的なフランス菓子も大好きなのですが、最終的に自分が目指すのは元町ケーキのざくろの様な、シンプルで味わい深く誰からも愛されるスイーツかなと感じます。

何ごとにも できるだけ丁寧に、ささやかなこだわりを持っていければと思っています。

 

 

Cafe&Meal MUJI でランチ

モンプリュのお菓子教室の後、無印良品MUJIカフェでランチをしました。気軽に入りやすいので、ひとりランチでよく利用しています。以前は神戸BALの地下にあったのですが、2017年3月のBALの全面改装に伴って最上階の6Fに移転しました。

 

以前はショーケースに入ったデリを見ながら注文して自分で運ぶセルフスタイルだったのですが、今は席でメニューを見ながらデリを選んで注文できます。現物が見たい人はカフェ入店前のショーケースに並べてあるので、確認してから注文できますよ。ショーケースから食べたいものを注文するスタイルも良かったのですが、時間帯によってはショーケースがスカスカで、あまり選択肢が無かったこともあるので、今のスタイルはとてもいいかも。値段も少し上がっていますが、ボリュームもアップしています。

 

メニューはこんな感じになります。

f:id:gohandekitayo:20170911000118j:plain

f:id:gohandekitayo:20170911000106j:plain

f:id:gohandekitayo:20170911000133j:plain

f:id:gohandekitayo:20170911000145j:plain

この他、単品メニューやデザートもいろいろありますよー。

 

温菜1品、冷菜2品から選べる一汁三菜を注文。

今日のチョイスは

【温菜】 

・紅焼獅子頭(肉団子の醤油煮込み)

【冷菜】

・鶏レバーのからしマヨネーズ和え

ドライトマトとかぼちゃのサラダ です。

 

ごはんは十穀米を選択。以前は確か50円UPになっていたと思いますが、今は白米と同じ値段で選べます。(前はパンとスープもあったのですが、無くなったみたいです。

 

f:id:gohandekitayo:20170911000201j:plain

紅焼獅子頭は中国上海の料理です。ふんわり軟らかい肉団子、ねぎ、白菜と一緒に煮込んであります。中央に辛くないラー油的なスパイスがのっていて、からめながら食べると味に変化があっておいしかった。

 

f:id:gohandekitayo:20170911000240j:plain

右上がドライトマトとかぼちゃのサラダ です。他には水菜、玉ねぎ、レタス、レーズンが入ったさっぱりとしたサラダでした。これ、参考にして作ろう。

 

f:id:gohandekitayo:20170911000224j:plain

上が鶏レバーのからしマヨネーズ和えです。本当に大好きで、以前からショーケースに並んでいたら絶対に選んでいます。かなり以前に購入したMUJIカフェのレシピ本に載っていたはずなのに作ってないなぁ・・・。とても食べやすく、レバー苦手な人もからしマヨネーズがクセを消してくれるので大丈夫かも。

 

f:id:gohandekitayo:20170911000257j:plain

きゅうりの浅漬けかと思ったら、ズッキーニと柚子でした。こういうところが好き。お味噌汁の具は豆腐、キャベツ、わかめでした。

 

うちでトレーを使っているのは完全にMUJIcafeの影響です 笑。ここに来るたび、『もっとお野菜を使った料理頑張らなきゃ』と思います。奇をてらっていない、シンプルでヘルシーなレシピなのでとても参考になります。

 

今日はデザートも注文してみました。土佐文旦のゼリーです。ランチとセットで250円。

f:id:gohandekitayo:20170911000429j:plain

これは初めて注文しました。ほろ苦すっぱい味を想像していたんですが、思っていたよりちょっと甘かったかな。

 

f:id:gohandekitayo:20170911000448j:image

果肉がごろっと入って、さっぱりとした味わい。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170911000335j:plain

入店した時はブラインドが閉まっていて、景色が見えず残念だなぁと思っていましたが・・・

 

f:id:gohandekitayo:20170911000343j:image

f:id:gohandekitayo:20170911000406j:plain

 食べている途中からオープンして、大きな窓から空が見えて開放感たっぷりに。

ごちそうさまでした(*´ー`*)

 

 

 

モンプリュのお菓子教室

 f:id:gohandekitayo:20170910234742j:plain

 

神戸元町にあるパティスリー モンプリュ

ひとつひとつ丁寧に仕上げてあるお菓子はどれもぴしっと角が立っていてとても美しく、伝統的なフランス菓子のルセットでありなから、濃厚であっても重たくない、大好きなパティスリーです。

 

2005年にオープンした当初から7年ほどお店のお菓子教室に通っていたのですが、仕事の都合で通えなくなり残念ながら辞めてしまいました。それから何年かしてレッスン日にお休みが取れるようになったので再度通いたいと思っていたのですが、とても人気のお教室なのでキャンセル待ちのタイミングも合わず数年待ち・・・。やっと先月より復活してレッスンに通えることになりました。嬉しい(*´ー`*)

 

9月のレッスンはバトー・オ・ザマンド(Bateau aux Amandes)です。

 船の形をしたアーモンドメレンゲを5層に重ねたお菓子で、林シェフがパリ「ジャン・ミエ」の修業時代に仕込み担当だったそう。

 

船の形にアーモンドメレンゲを薄く焼いて、パーターグラッセホワイトとホワイトチョコ、プラリネ・アーモンドを合わせたグラサージュでコーティングします。その間にクレーム・ノワゼットを挟んで5層に重ねていくという贅沢なガトーになります。

 

一番の難関は、アーモンドパウダー入りのメレンゲを船型に入れて擦りきることだそうです。この日のレッスンの為に、ケーキの底板を船形にカットした手作りの型を用意して頂いていました。

型の写真を撮るのを忘れていましたが、ごく薄いダコワーズがイメージしやすいかも。

 

f:id:gohandekitayo:20170910234752j:plain

2mm以下を目安にして、薄く型に擦り込んで船形に型取りしたメレンゲの上にアーモンドを並べます。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170910234838j:plain

f:id:gohandekitayo:20170910234855j:plain

オーブンで焼成し、さくさくに焼き上がったアーモンドメレンゲの上部にグラサージュを薄く塗っていきます。

 

f:id:gohandekitayo:20170910234943j:plain

f:id:gohandekitayo:20170910234925j:plain

グラサージュを塗ったメレンゲの上に細い口金でクレームノアゼットを少量絞り、5枚重ねていきます。一番美しく仕上がったメレンゲを一番上にします。

 

 

これは試食用の3段にメレンゲを重ねた物になります。

f:id:gohandekitayo:20170910235001j:plain

f:id:gohandekitayo:20170910235020j:plain

美味しい紅茶と一緒に、できたてサクサクのバトー・オ・ザマンドを手でつまんで頂きました。

 

 

林シェフによるディスプレイです。あっという間に セッティングしたのにこんなに素敵。

f:id:gohandekitayo:20170910235239j:plain

f:id:gohandekitayo:20170910235119j:plain

f:id:gohandekitayo:20170910235344j:plain

f:id:gohandekitayo:20170910235105j:plain

 

f:id:gohandekitayo:20170910235134j:plain

 

 

 

自分で作ったお菓子を2つ持ち帰りました。

林シェフから当日食べて下さいと伺っていたのですが、実際におうちで食べたのは次の日。ジャン・ミエではアーモンドメレンゲの両面にグラサージュを塗っていたと言われていたのですが、教室では片面のみのコーティングだったので塗ってない面から水分が入って、しとっとしてるかなぁと思って食べてみたら・・・しっかりと焼いてあるメレンゲはまだサクサクですがクレームノアゼットとの一体感も出て、出来たてより美味しかったかも。

 

このお菓子はおうちでは作らないかなぁと思っていたのですが本当に美味しくて・・・作ってみたいし、また食べたいなぁ(*´ー`*)