ごはんできたよ

おうちごはんが好き

山形から届いたりんごと、いつもの朝ごはん

移り変わる季節ごとの旬の果物が楽しみで、山形の果樹園の頒布会をお願いしています。今回はとても大きくて真っ赤なサンふじが届きました。f:id:gohandekitayo:20181210120534j:image

 

毎回果物に添えられた果樹園の方の手書きのメッセージを読むのも楽しみです。

f:id:gohandekitayo:20181210120543j:plain

 

早速リンゴをむいて朝ごはんに。メッセージ通りに蜜がたっぷり入っています。蜜が入っているのは完熟したリンゴの特徴だそうです。

f:id:gohandekitayo:20181210120549j:image

 

いつもの何の変哲もない普通の朝ごはん。

仕事の日はいつもこんな感じです。ごはんも好きなのですが、仕事の日は朝からごはんはちょっとおなかに重たくて、パンを食べることが多いです。それに果物かヨーグルトを添えてブラックコーヒーがいつものパターン。

f:id:gohandekitayo:20181210120601j:image

 

この日のパンは神戸元町で購入した『春夏秋冬』さんの山食。そこでパンを焼いているのでなく、工房から運ばれたパンの販売だけされています。食パン専門店みたいで、山食と角食、あと数種類のパンを販売されています。

f:id:gohandekitayo:20181211224048j:image

 

一日に数回ある販売時間には、いつもたくさんの人が並ばれています。山食の方が人気があるのか、タイミングが合わずいつも角食を購入していたのですが、この日は運よく残り数個のところで購入できました。

 山食 一斤330円 最初から5枚にスライスがしてあります。しっとりもっちりとした食感で、小麦粉のほんのりした甘さを感じます。

f:id:gohandekitayo:20181211224053j:image

 

 

 

f:id:gohandekitayo:20181210120606j:image

今日のトーストのお供は秋に作った淡路島産いちじくのジャムです。それと大好きなカルピスバターの有塩を一緒に。

 

f:id:gohandekitayo:20181210120615j:image

  シンプルだけど、幸せな朝ごはん。今日も一日頑張れそうです。

 

ごちそうさまでした(*´ー`*)

 

 

 

ぜんざいの作り方

寒くなってくると、ほっこり甘いお善哉が食べたくなります。そんな時に、いつでもさっと作れるように小豆を買い置きしています。

 

f:id:gohandekitayo:20181203210253j:image

ピカピカと艶よいホクレンの北海道産の小豆です。小豆は一晩水に漬けておいたりせずに思い立ったらすぐに炊き始められるので、ぜんざいは手軽に作ることができます。

 

作り方は簡単。小豆を一度茹でこぼして渋を抜き、水を入れ替えて今度は柔らかくなるまで炊いて、好みの甘さになるまでお砂糖をいれて少し炊いたら完成。

 

【ぜんざいの作り方・レシピ】

①小豆を軽く水洗いする。鍋に豆の3倍程度の水を沸騰させて小豆を入れる。強火で沸騰したら3分ほど茹でる。

②お湯の色が小豆色(アクが出る)になったら鍋を水道の下に持っていき、お水を少しずつ足して徐々に小豆を冷ましながらきれいな水に入れ替える。

③小豆が冷めたらザルに上げ、鍋に小豆の3倍程度の水を沸騰させてからアク抜きした小豆を加え、コトコトと弱火で豆の芯までやわらかくなるまで炊く。豆は常に煮汁に浸っている状態にしておく。(今回は1時間弱火で煮て、火を止めて30分ほど放置しました)

④芯までやわらかくなったら砂糖を3回程度に分けて加え、弱火で30分ほど炊く。(今回は小豆500gに対して同量の上白糖500gを加えました)

 

f:id:gohandekitayo:20181203210300j:imagef:id:gohandekitayo:20181203210308j:image

小豆がほっくり、やわらかく炊き上がりました。

小豆を煮るのは水からでも大丈夫なのですが、ホクレンさんのパッケージに“熱湯で煮はじめる方が、豆の煮えむらが少ないので、おすすめです”と書いてあったので、試してみました。確かに熱湯の方が良さそうな感じでした。この辺はお好みの方法で。

アク抜きの際、急激に小豆を冷やすと皮が硬くなるので、鍋に少しずつ水を加えて冷ましていきます。これは土井善晴先生の方法。鍋の上にザルを重ねて水を入れていくと小豆が流れていくのを防ぐ事ができます(写真撮っておけばよかった・・・)

甘みを引き立てるために少量の塩を加える場合もありますが、私は塩を加えずシンプルな味わいが好きです。これも土井先生の受け売り 笑。 砂糖を一度に加えないのは徐々に浸透圧をあげて急激に豆がかたくならないようにするためです。お砂糖の量はお好みですが豆と同量でも、そんなに甘くないと思います。

 

出来立てすぐは小豆の香りが強く、まめまめしい味わい。一日置くと、甘みがしっかり豆に浸透して優しい味わいに。これは一日置いたもの。

f:id:gohandekitayo:20181203210327j:image

 

小豆が好きなので、焼き餅や白玉は加えずそのまま食べるのが好きです。渋めに入れた緑茶と一緒に・・・と思っていたのですが、熱々のおぜんざいを食べた後、無性に冷たい牛乳が飲みたくなり一緒に頂きました。意外と合うんですよ。

f:id:gohandekitayo:20181203210340j:image

 

ごちそうさまでした(*´ー`*)

 

 

2019年の手帳

・・・とっても久しぶりの更新です。

長く使っているiPhoneがいきなり故障してデータが飛んでしまったり、体調面でも色々ありまして気分的になんとなくブログを更新できずにいました。

 

スマホのデータは完全ではないですが、なんとか復旧できました。日頃からちゃんとバックアップ取っておかないとダメですね。(未だにiPhone 5s使ってます 笑)

 

 

さてさて、やっと来年の手帳を購入しました。

何年か気に入って使っていた手帳が12月始まりなので販売されるのを待っていたんですが・・・あれ?今年は発売されてない??

 

というわけで慌てて購入。

前から気になっていたRollbahn(ロルバーン)にしました。

ロルバーンは10月始まりなので既に売り切れている種類もあったのですが、色々悩んでこれに。

 

f:id:gohandekitayo:20181201204256j:image

ロフト限定のロルバーン手帳です。

【東京をイメージしたクレープがデザインされたロフト限定ロルバーンダイアリー】だそうです。カワイイ(*´ー`*)

日本各都市をテーマにしたロフト限定ダイアリーは他にも種類があって、札幌はメロン、名古屋はういろう、京都は京野菜、大阪はたこ焼き、福岡は明太子です。最後までたこ焼きと迷ってクレープを選びました。

 

 

ぱっと見やすくてすぐ予定を把握できる月間ブロックのカレンダー方式の手帳が好きです。カレンダーの後は5mm方眼の切り離しできるメモがたっぷりとPPポケットがついています。

 f:id:gohandekitayo:20181201204327j:image

 

ネットで購入したので、送料対策でこんなものも購入してみました。

 f:id:gohandekitayo:20181201204341j:image

・ロルバーンのB6サイズのフルーツ100%コレクションのトマト柄(ん?トマトってフルーツでしたっけ?)春夏にバナナ、レモン柄と共に発売されていたシリーズみたいです。ロフトのネットではトマトだけ残ってました。中は5mmの方眼用紙になっています。

・やることリスト メモ

しっかりメモしておかないとバタバタしていると忘れがちなので。普通のメモを使ってもいいのですが可愛かったので購入してみました。

 

やることリストの中身はこんな感じです。

f:id:gohandekitayo:20181201204358j:image

 

試作をするときにレシピをとりあえずメモに書いて、そのメモを後で探すことも良くあるので ロルバーンのトマト柄のメモは試作時のレシピを書き留めたいと思っています。

 

 

f:id:gohandekitayo:20181201204307j:plain

今日から12月。今年もあとわずかになってきましたね。これからバタバタしがちな年末に向けて、しっかりとメモを取りながらやり残しがない様にしていきたいと思っています。

 

 

ポンデケージョで休日の朝ごはん

休日の朝ごはん。

パンが無かったので、急遽ポンデケージョを作りました。

チーズともちもちの食感が好きで、時々食べたくなります。

生地を作り、くるくるっと丸めて・・・。

f:id:gohandekitayo:20180114120710j:image

 

オーブンから取り出すとチーズのとても香ばしい匂いが食欲をそそります。

あちこち爆発しているのが表情があって可愛い。

f:id:gohandekitayo:20180114120720j:image

 

バナナ入りヨーグルトと共にいただきます。朝食では、できるだけ果物かヨーグルトなどの乳製品を食べるようにしています。

f:id:gohandekitayo:20180114120730j:image

  

ヨーグルトは以前よりスーパーで見かけていて気になっていた湯田牛乳の『プレミアム湯田ヨーグルト』を初購入。

これ、ヨーグルトの容器としては珍しいアルミのスタンドパウチ袋に入っています。ヨーグルトとしてはちょっとお高めなのと、800gと量が多めなのでなかなか手がでなかったのですが、思い切って購入してみました。

f:id:gohandekitayo:20180114120744j:image

パッケージに記入している通り、もっちり濃厚で美味しい!

ぽってりとしていて重量感がありますが、とてもなめらかで酸味が少なく、ミルキーな味わいです。とても好きな感じのヨーグルトで、また購入したいと思います。

 

このヨーグルトは加糖タイプなので、そのままバナナにかけて頂きます。

f:id:gohandekitayo:20180114120756j:image

以前はバナナヨーグルトのバナナは包丁でカットしていたのですが、最近は手でちぎるようにしています。その方がバナナの香りもたって、食感もよいことに気づきました。よかったら試してみてくださいね。

 

簡単ですが、ちょっとしあわせな朝ごはんです。

 

ごちそうさまでした(*´ー`*)

 

すっきり濃厚タイプもあるので、次はそれを購入したいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プレミアム湯田ヨーグルト 1袋(800g)×2袋セット 送料無料 ギフト
価格:2090円(税込、送料無料) (2018/10/5時点)


 

パティスリー ベルン 『焼きドーナツ』

今日のおやつは頂き物。

西宮にあるパティスリー ベルンのヤキドーナツです。

 

f:id:gohandekitayo:20180113230305j:plain

以前に焼きドーナツが流行ったことがありましたよね。

このヤキドーナツを食べたのはそれよりも昔で、どうも焼いたドーナツというのがピンとこなくて、初めてパッケージを見たときは、『ヤギドーナツ』だと思ってました。 

材料にヤギ乳が入っているのかな・・・と 笑。

 

 

f:id:gohandekitayo:20180113230339j:plain

全体にキレイな焼き色がついていて、とても美しいし、なによりおいしそうです。

 

 

f:id:gohandekitayo:20180113230452j:plain

 名前の通り揚げているのではなく、焼いて作るベイクドタイプのドーナツです。とてもきめの細かい生地で、ドーナツというよりもスポンジケーキをギュッとした感じです。

詰まった感じのしっかりとした生地ですが、口の中でスッとほどける感じで、とても口どけが良いんですよー。

あぁ・・・断面の写真を写しておけばよかった。

 

 

f:id:gohandekitayo:20180113230352j:image

今日はとても寒かったので、ヤキドーナツのお供は熱々のブラックコーヒで。

牛乳もよく合います。

 

f:id:gohandekitayo:20180113230510j:plain

シンプルですが、また食べたくなる味です。

20年来のロングセラーヒット商品だそうです。他にはシナモン味もあって、それも風味が良くとてもオススメです。

 

実はヤキドーナツいつも頂き物ばかりで、お店に行ったことがないんです。

本店の2Fがカフェになっていて、そこで焼きたてのドーナツが食べられるとか!それも魅力的で、ぜひ行ってみたいなぁと思っています。

 

ごちそうさまでした(*´ー`*)

 

 

コストコに行ってきました

いつも使ってるリアルマヨネーズのストックが残り少なくなってきたので、コストコに行ってきました。

 購入品全体の写真を撮り忘れてしまいましたが、10点の購入になります。

 

f:id:gohandekitayo:20170930100913j:image

本マグロとサーモンのお寿司 1980円

今日の晩ごはん用に。

コストコで売っているアトランティックサーモンが大好きなのですが、サイズが大きすぎるので、手軽に味わえるお寿司をよく購入します。今日はなんだかお値段が高いな・・・と思ったら、巻き寿司がネギトロではなく鉄火巻きになっていました。まぐろは養殖ですが本マグロです。中トロ位脂がのっていて、本マグロもサーモンも、とてもおいしかったです。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170930100856j:image

ショーソン・オ・ポム 15個入り 899円

簡単にいうとフランス風のアップルパイです。パイ生地を2つ折りにぱたんと折りたたんだ中に、リンゴのフィリングが入っています。店内POP に『リンゴの産地で有名なフランス ブルターニュ地方のリンゴを使用したコンポートをバターの香り漂う生地で包み、店内で焼き上げました。』と書いてあり、原材料をみると油脂はバターのみです。感想は後ほど・・・。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170930100939j:image

WHITE SMOKE スモークベーコン 294g 790円

こちらは量り売りになっていて、大きさによって値段が変わります。ベーコンはよく使うので、初めて購入してみました。スモーキーな色がとてもおいしそうです。

f:id:gohandekitayo:20170930101001j:image

原材料はとてもシンプル。また後日食べた感想をアップしますね。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170930101025j:image

ウィターズ チョコレートプラリネ 1248円

イタリアのチョコレートで、リピ購入品です。 

f:id:gohandekitayo:20170930101048j:plain

たっぷり1kg入っているので、職場におすそ分けで持っていきました。 

 f:id:gohandekitayo:20170930101101j:image

カットするとこんな感じです。ミルクチョコレートでミルククリームがコーティングされており、中にはサクサクのパフが入っています。イメージとしては不二家のミルキーチョコレートのミルククリームがたっぷり入っている感じかな。めちゃめちゃ甘いのですが、疲れているときに、ブラックコーヒーと一緒に癒しの時間に。まだ今の時期だとミルククリームがやわらかくなりすぎるので、冷蔵庫で冷やして食べるのがオススメ。甘さも和らぎます。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170930103332j:image 

葛根湯エキス 63包 1298円

満量処方でこのお値段は安いので、我が家は常備薬として置いています。お薬は薬局コーナーで別会計になります。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170930101122j:image

その他、食品の購入品はこちらです。先月と同じリピ品になります。

・印度の味 バターチキンカレーペースト 2PC 928円

・ベストフーズ リアルマヨネーズ 860g 558円

 

gohandekitayo.hatenablog.com

 

 

 ・ランガーズ マンゴーネクター 1ガロン(3.78L) 868円

ブログ見直してたら、これ先月購入していなかったですね。1ガロンという日本ではまず見かけないアメリカサイズのジュースです。初めて見た時は、ダウニーみたいな柔軟剤かと思いました 。果汁は20%ですが、ちょっと甘めながら充分マンゴー感があり、マンゴー大好きな我が家では値段を気にせずゴクゴク飲めるので、よく購入しています。でも結構置いていない時が多いんですよね・・・。このサイズでは冷蔵庫に入らないので、天然水を飲んだ後の1.5Lペットボトルを取っておいて小分けにして冷蔵しています。牛乳で割ったらミックスジュースっぽくなるし、ヨーグルトと混ぜてマンゴーラッシーにしてもおいしいですよー。

 

 

今回はこれも目的の一つで、コストコに行ってきました。

f:id:gohandekitayo:20170930101153j:image

 

 SHERPA(シェルパ) ひざ掛け 1798円からクーポンで300円引き

何度も買い直しをして、使い始めて何年にもなります。冬になると、うちでは欠かせないアイテムです。

f:id:gohandekitayo:20170930101207j:image

f:id:gohandekitayo:20170930101221j:image

質感が伝わりますか?表面がビロードのようにすべすべしていて肌触りよく、裏はまるぬいぐるみのようにもふもふで、とっても暖かいんですよ。洗濯すると少しずつ質感は失われてきますが、それでも2年くらいは使っています。大判のひざ掛けなのでサイズはお布団より若干小さめですが、真冬だとすべすべを下に敷いたり、羽毛布団との間に挟んでぬくぬくで眠ったりと本当に活用しています。

ソファーでこのひざ掛けをしていると寝落ち必須なので気を付けていますが、やっぱり気持ち良くて寝ちゃいます 笑。

今回のクーポン価格は10/1迄ですが、シーズン中は何度かクーポン価格になると思います。クーポン無くてもオススメですよー。

 

 

早速ショーソン・オ・ポムでティータイムです。

f:id:gohandekitayo:20170930101240j:image

パッケージの蓋を開くとバターのいい香りが。

アップルパイ好きの息子が先に食べ始めて『これ、あかんヤツや・・・』と言ったので、失敗したかなぁと思ったら、パイはサクサクほろほろフィリングは甘さ控えめで、手が止まらないという意味でした。

 f:id:gohandekitayo:20170930101305j:image

私もアイスコーヒーをお供に。焼き立てだったのか、本当にサクサクでおいしい。昼食を食べてなかったせいもありますが、あっという間に3個食べてしまい、これはいけないと蓋を閉めました 笑。

  f:id:gohandekitayo:20170930101319j:image

f:id:gohandekitayo:20170930101337j:image

断面はこんな感じです。折りパイは綺麗な層とまでは行きませんが、充分膨らんで空気感がありサクサクになっています。バターの香りは強いけど、油脂感は強くなくアッサリとしたパイ生地でした。フィリングはシナモン無しの甘さ控えめリンゴの甘煮です。パイは3口ほどのサイズ感です。15個入りなのに、2人でおやつと次の日の朝ごはんで食べきってしまいました。また買おう。

 

ごちそうさまでした(*´ー`*)

 

 

懐かしい喫茶店風のたまごサンドの朝ごはん

オシャレなcafeではなく、昔からある喫茶店のたまごサンドを作りました。

f:id:gohandekitayo:20170916001239j:image

 

 

ゆで卵をマヨネーズで和えたフィリングを挟むパターンも作るのですが、今日は厚焼きたまごタイプを食べたい気分。

 f:id:gohandekitayo:20170916001411j:image

 

【たまごサンドの作り方】

厚焼きたまごは四角く焼きたいので、卵焼き用のフライパンを使ってます。

卵にお砂糖とほんの少しの塩、牛乳を加えて混ぜておきます。熱したフライパンにバターを溶かして卵液を入れて、ふんわりとスクランブルエッグ状に箸でかき混ぜて焼きます。

半熟になったら少し触らずに、焼き面を固めます。それをパタンと二つ折りにしたら食パンに挟むのに丁度良いサイズの四角い卵焼きになります。

今回は卵1個ですが、ボリューム出したい時は2個で焼いてます。直ぐに食べる時は食パンにバターは省略。マスタードのみ塗ってます。

食パンに卵焼きを乗っけたら、お好みでマヨネーズとケチャップを塗って、パンで挟みます。私はマヨネーズ多目が好き。

…文字では分かりにくいですね、今度写真写しながら作りますね。

 

 

大好きないちじくと一緒に。

f:id:gohandekitayo:20170916002555j:image

 

 

私の住んでいる所は、結構有名ないちじくの産地の近くです。以前は百貨店などに出荷されていたそうですが、最近は出荷量が増えたのか、地元でも手軽に買えるようになりました。いちじくの独特な風味とプチプチとした食感が大好きなので、シーズン中は週に何度も食べてます 。 

f:id:gohandekitayo:20170916002941j:image

山盛りです  笑。

 

 あったかいたまごサンドが、おいしかった。

ごちそうさまでした(*´ー`*)