ごはんできたよ

おうちごはんが好き

しそジュース

赤しそは短い期間しか出回らないのですが、色がきれいで夏向きのさっぱりしたドリンクの原液を作ることができます。今年は赤しそに入っていたパンフレットを参考に作ってみました。

f:id:gohandekitayo:20170720135316j:plain

 

【しそジュース(しそドリンク)の作り方】

・赤しそ 300g

・水1.5L

・砂糖500g~600g

・レモン2~3個または食品用クエン酸小さじ2(5~6g)市販の100%レモン汁30~50mlでもOK

 

f:id:gohandekitayo:20170720135340j:plain

赤しそ300gってこんなに大量になります。ちょっと大きめのお鍋で、酸を使うので影響されないステンレスかホーローのものを使ってくださいね。

 

①赤しそをたっぷりの水で3回程度、水を換えてていねいに泥や汚れを落とし、ざるに上げて水を切っておく。

f:id:gohandekitayo:20170720135154j:plain

路地栽培なので、意外と泥汚れが多いです。

 

②大きめの鍋に水を沸騰させて赤しその半量を入れ、葉の色が緑色になるまで茹でる。

f:id:gohandekitayo:20170720135430j:plain

この紫色の葉っぱが・・・

↓↓↓

f:id:gohandekitayo:20170720135515j:plain

こんな風に鮮やかな緑色になります。(2~3分程度かかりました。)

 

③茹でて緑色になったしそを、ボウルで受けたザルに上げます。残り半量の赤じそも同様に同じ鍋で茹で、緑色になったらしそを先ほどのザルに上げる。(しその量が多いので、半分ずつ茹でていく、という訳です。)

f:id:gohandekitayo:20170720135531j:plain

右下が茹で上げ後で緑色になったもの、左上が茹でてる最中の赤しそです。

 

④ザルに上げたしそが冷めたらザルの上で手で軽く搾り、搾り汁もボウルに受ける。ボウルにたまった汁を鍋に入れる。(茹で後のしそはなかなか冷めないので、できるだけザルに広げるようにするのがポイントです。)

 

 ⑤鍋に砂糖を加えて煮溶かす。

f:id:gohandekitayo:20170720135603j:plain

今回は500g使用。見た目の量の多さでひるまないで 笑。

 

⑥砂糖が溶けて、粗熱が取れたらレモン汁またはクエン酸を溶かす。

f:id:gohandekitayo:20170720135412j:image

今回はクエン酸を使用しました。これは薬局で購入。スーパーや100均でも売っていますよ。

 

クエン酸添加前 (表現はあれですが煮汁+搾り汁は、どす黒い紫色です。)

f:id:gohandekitayo:20170720135617j:plain

↓↓↓

クエン酸添加後。わかりにくいですが鮮やかな赤ワイン色に変化します。

 f:id:gohandekitayo:20170720135640j:image

理科の実験みたいで楽しい。

 

水の入っていたペットボトルに入れました。保存は冷蔵庫で。飲むときはお好みで3~4倍の水や炭酸で割ってくださいね。(今回のレシピで2Lのペットボトルに収まりました。)

 f:id:gohandekitayo:20170720135657j:image

 

 

 早速炭酸で割っていただきました。とてもきれいな紫色です。

f:id:gohandekitayo:20170720135714j:image 

実はしそ、あんまり得意じゃないんですが去年ふと思い立って作ってみたらキレイな色と、爽やかな風味がとてもおいしくて、しそジュースにすっかりはまってしまいました。赤しそと酸で夏バテ効果もあるそうなので、毎年作る楽しみが、またひとつ増えました。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

もやし炒めの献立

f:id:gohandekitayo:20170718132036j:image

【今日の献立】

・もやし炒め(木綿豆腐入り)

・たたききゅうりと汐吹き昆布の浅漬け

・たまねぎ、生もずくの酢の物

 

もやし炒めが好きで、よく作ります。

作り方は、砂糖と少しの塩で味付けして甘目の半熟の炒り卵を作り、フライパンから取り出しておきます。

同じフライパンでにんにくと豚ばら肉を炒めて塩胡椒し、余分な脂をふき取った後、もやしを炒めます。味付けはその時々でシンプルに塩胡椒だけ、創味シャンタンや、塩麹だったりです。今日は醤油麹で味付けしました。見た目は黒っぽいので味が濃そうですが、塩味の角がなく、まろやかな味わい。最後に半熟炒り卵を全体にふんわりと混ぜ合わせて出来上がり。

 

基本的にはもやしと豚肉、半熟入り卵のシンプルなのが好きなのですが、今日は木綿豆腐が少し残っていたので水切りして、豚肉と一緒に炒めました。野菜室に余っている、きのこ類が入る時もあります。あ、もやし炒めはよく炒めて、くたくたのが好き派です 笑。

 

f:id:gohandekitayo:20170718132021j:image

醤油麹は仕込んだ後、いつも麹の粒々が残ったまま使っているのですが、ふと思い立ってハンドブレンダーでなめらかなペースト状にしてみました。これはこれで使いやすそうです。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

あんずのコンポート

信州産のあんずでコンポートを作りました。

f:id:gohandekitayo:20170720204432j:image

 

あんずは6月から7月にかけての、ほんの短い期間しか出回りません。スーパーの店頭で見かけ、次買おうと思っていたらもう全然入荷が無くて買い逃したことも・・・。今回はコープさんの宅配で注文していました。

 

【あんずのコンポートの作り方】

①皮ごと煮るので、あんずをきれいに洗う。中央の割れ目に沿って種まで届くようにぐるりと一周包丁を入れ、軽くひねって2つ割りにし、種を外しておく。

f:id:gohandekitayo:20170718132740j:image

あんずの実は柔らかいので、桃より簡単に、ぱかっと割ることができます。種を外すのもスプーンで簡単にポロッと取れますよ。あんずは煮ると崩れやすいので、皮は剥かずにそのまま使用します。

 

②水1Lとグラニュー糖400gでシロップを作ります。沸騰したらレモン汁大さじ1杯と あんずを入れて弱火で5分ほど煮て、そのまま冷ます。(あんずは酸味が強いので、甘目が好きな方はもう少しお砂糖を増やしてくださいね。)

f:id:gohandekitayo:20170718132748j:image

煮物と一緒で、冷める間に甘みが浸透していきます。

 

③コンポートが冷めたら、煮沸消毒した瓶にシロップごと移して冷蔵庫で保存します。

f:id:gohandekitayo:20170718132812j:image

 

 

あんずの量も少なかったので、瓶詰後に加熱処理を行いませんでした。なので早めに食べようと思います。

f:id:gohandekitayo:20170718132820j:image

 ヨーグルトと一緒に食べたり、パンやデザートの材料として大切に使いたいなぁと思っています。

 

 

おまけのシロップ

f:id:gohandekitayo:20170720141357j:image

今回あんずの量に対してシロップが多すぎたので、瓶詰にしても余ってしまいました。もったいないので、半量位に煮詰めると少し酸味のあるおいしいシロップになりました。ガムシロップみたいに、アイスティーの甘みに使ったりしようかな。

 

自家製ホールトマトの作り方

どんどんトマト消費メニューが続きます。大好きな映画『リトルフォレスト』の中で主人公のいち子が食べていた自家製ホールトマトがほんとうにおいしそうで、、、作ってみたいと思っていました。

リトルフォレストの映画は好きすぎて話が長くなりそうなので、また別の機会に 笑。

 

【自家製ホールトマト(トマトの水煮)の作り方】

①トマトの湯剥きをします。

トマトのお尻に浅く十字に切り込みを入れておく。

f:id:gohandekitayo:20170717101710j:image

 

②沸騰したお湯に10~15秒ほど入れる。

f:id:gohandekitayo:20170717101836j:image

あまり長くお湯に入れすぎるとトマトの表面に火が入って軟らかくなってしまい、逆に剥きにくくなります。今回はこれから加熱するから大丈夫ですが、生で食べる場合は食感が悪いかも。

 

③お湯から引き揚げたら、すぐに氷水に入れる。

f:id:gohandekitayo:20170717101907j:image

 

④切り込みを入れたところから丁寧に皮を剥き、硬いヘタの部分をくり抜いておく。

(もしまだ剥きにくければ再度さっとお湯に。)

f:id:gohandekitayo:20170717101929j:image

 

⑤使用する瓶を加熱殺菌します。

キレイに洗った瓶にかぶるくらいの水を入れ、徐々に温度を上げていき、沸騰後5分ほど加熱して殺菌する。瓶をお湯から取り出し、逆さまにして水分を切り、残った水分は清潔なキッチンペーパーなどでふき取っておく。

f:id:gohandekitayo:20170717191704j:image

水から入れるのは温度変化で瓶が割れないようにするためです。今回は1本だけだったのでしなかったのですが、数本ある場合は接触で瓶が割れないようにするために鍋底にフキンや網を敷いておき、瓶に衝撃がいかないようにします。沸騰時に瓶がボコボコ動いていたのでやっぱりフキン敷いておけばよかったと反省・・・。

 

⑥瓶詰をします。

瓶が熱いうちに湯剥きしたトマトを入れ、0.7%の塩を溶かした塩水を瓶の口の2cm下くらいまで充填する。(今回は500gの水に0.7%の塩で、3.5g溶かしています)塩は味付けのためなのでお好みで。

瓶の口ギリギリまで塩水を入れないのは、熱膨張で体積が増えるためです。

f:id:gohandekitayo:20170717102011j:image

 

⑦脱気処理をします。

瓶の蓋を軽く閉め、(きつく閉めないでくださいね)鍋に瓶の7~8分目まで水を入れ(多すぎると瓶に水が入るため)、火にかける。沸騰後、20分~加熱して瓶の中の脱気処理をします。

f:id:gohandekitayo:20170717102033j:plain

 

 

f:id:gohandekitayo:20170717102057j:image

瓶が大きかったので90℃近くまで上げるのに35分かかりました。100℃近くになるとほぼ脱気できるのですが、糖度のあるジャムと違ってこれ以上は上げられませんでした・・・。

 

⑧密封後、加熱殺菌をします。

一度瓶を鍋から取り出して(やけどに注意してくださいね)蓋をいったんゆるめて蒸気を逃がし、再度蓋をきちんと閉める。これで真空状態になっています。次は殺菌のため瓶全体がお湯につかるようにして、沸騰後10分~加熱殺菌し、そのまま冷まして瓶を取り出す。(加熱後、水を入れて冷ます方法もあるのですが、熱い鍋を動かすのは危ないので私はそのまま冷ますようにしています。)

f:id:gohandekitayo:20170717102115j:image

瓶が大きかったので加熱時横にしましたが、小さい瓶であれば蓋近くまでお湯を増やせば大丈夫です。瓶の中心温度が85℃~で10分加熱すれば常温でも保存できると思うのですが、作るときの様々な条件が関係してくるので、その辺は自己責任で判断してくださいね。(瓶を開けた際に五感で判断。)

瓶が冷めたときに、蓋の真ん中(セーフティボタン)が凹んでいれば、ちゃんと密封できてます。

 

完成です。

f:id:gohandekitayo:20170717102146j:image

 

今回はコストコで買ったパスタソースの瓶を再利用したので、常温保存ではなく冷蔵にしようと思っています。蓋は新しいものでないとパッキンが劣化していて、しっかり密閉できません。常温で長期保存をしようと思っている方は新しい蓋を使ってくださいね。(瓶は再利用OKですよ。)

 

そうそう。今回使用したコストコのパスタソース(CLASSICO(クラシコ) パスタソース トマト&バジル )の空き瓶のラベルを剥がしてびっくりしたのですが、これ、メイソンジャーなんですね。ちょっと得した気分(*´ー`*)

 

 

ガールズテプラでラベル作りました。

f:id:gohandekitayo:20170717102206j:image

 

またセリアでカワイイマスキングテープ見つけました。

f:id:gohandekitayo:20170717101806j:plain

 

f:id:gohandekitayo:20170717101753j:plain

 

さて、せっかく作った自家製ホールトマトどうやって食べようかな。ひと瓶しか作っていないので大切に食べたいと思っています。

 

 

生トマトから作るフレッシュトマトソース

今年はよくトマトを頂きます。食べても食べても減らずに、なぜか増殖していくトマト 笑。

せっかくなので生のトマトをたっぷり使ったトマトソースを作りました。

 

【生のトマトから作るフレッシュトマトソースの作り方

 ①トマトの皮を湯剥きしておく。

 f:id:gohandekitayo:20170715205946j:image

今回はミディサイズのトマトが大量です。湯剥き後、トマトはフードプロセッサーで細かくしました。

 

②ニンニク、玉ねぎと好みの野菜を細かく刻む。(今回はセロリと、少し残っていた人参を使用しています。)

③オリーブオイルで①を玉ねぎが透き通るまで炒める。

f:id:gohandekitayo:20170715205935j:image

野菜も大量だったので、同じくフープロでガーっと細かくしちゃいました。でもちょっと細かくし過ぎました。

 

③刻んだトマトを加え、ローリエとハーブ(私はドライのイタリアンハーブミックスを使用しています)、塩コショウで味を調え、あれば白ワインをどばっと加え煮込んでいく。

f:id:gohandekitayo:20170715210009j:image

 

④好みの加減に煮詰まれば完成です。

(途中で味見をして、トマトの酸味が少し気になったので隠し味の蜂蜜を少し加えています。もちろんお砂糖で大丈夫ですよー。)

f:id:gohandekitayo:20170715210023j:image

水分が多かったので、一時間位かけて半量まで煮詰めました。

 

 

 早速フレッシュなトマトソースを使ったパスタで晩ごはんです。

f:id:gohandekitayo:20170715210142j:image

パスタがゆであがる前に、一緒に粒こしょうのソーセイジをボイルしました。それをトマトソースにトッピング。(ソーセイジは神戸の伍魚福というメーカーさんのもの。お肉はぷりっとした食感のいい粗挽きで、そこに粒こしょうがピリッと効いています。)更にその上にはパルメザンチーズをごりごり削ってかけました。

 

シンプルだけど、トマトのフレッシュさが感じられておいしかった。トマトソースは大量に出来たので冷凍してストックします。また次食べるのが楽しみ。

 

ごちそうさまでした。

 

パン柄のトートバッグ

ずっと買おうか悩んでいたルートートのバッグが、LOHACOのセールで40%OFFになっていたので買っちゃいました。

f:id:gohandekitayo:20170709215240j:image

 

柄のアップです。色々なパンの刺しゅうが施されていて可愛い。

f:id:gohandekitayo:20170709215302j:plain

 

f:id:gohandekitayo:20170709215319j:image

スイーツやパンなどの食べ物関係のデザインに弱いのです。

なんとなく身に着けるものに対しては躊躇していたのですが、もう好きなものは好きでいいかなぁと 笑。

 

 

 

f:id:gohandekitayo:20170709215513j:image

実はこんなものも集めてます。ケーキのマグネット。他にキッチングッズや食べ物のミニチュアマグネットなどもいっぱい持ってます。雑貨屋で買ったものや、清涼飲料水のおまけ。

今は見かけなくなったのですが以前はマグネットのおまけがよくありましたよね。

 

 

f:id:gohandekitayo:20170709215527j:plain 今年のスケジュール手帳もスイーツ柄です。

 

トートバックはフエルトみたいな冬っぽい素材だったので、使うのはしばらくお預けです。好きなものに囲まれているのは、やっぱりうれしい。

 

COMOパンのサンドイッチの献立

f:id:gohandekitayo:20170708225319j:plain

コモパンってご存知ですか?パッケージによると・・・

コモパンのひみつ

『半年以上もおいしさが長持ちするイタリア発祥の「パネトーネ」。そのおいしさを伝える為に、コモはイタリアで「パネトーネ」の伝統製法を学び、時間と手間をかけて何回も熟成発酵させるという独特な製法を20年以上守り続けています。パネトーネ種の乳酸菌も十分に働いて、味わい深いおいしさと軟らかさが1か月以上も続くパンができあがりました。』

と書いてあります。早い話が【そこそこ長持ちする、軟らかくておいしいパン】です 笑。

 

最近気に入っていて、よく買い置きしています。平日の朝ごはんはコモパンのクロワッサンにフルーツやヨーグルト、コーヒーというメニューか多いのですが、時間がある休日などは何かはさんでサンドイッチにして食べるのがお気に入りです。

 

今日はこの「京都ぽーくハム」と・・・

f:id:gohandekitayo:20170708225813j:plain

あっさりとした、おいしいハムです。

 

他にはサニーレタス、トマト、ゆで卵。パンにはマヨネーズを軽く塗っています。

 f:id:gohandekitayo:20170708225957j:plain

 

 

ぶどう(デラウエア)は大阪産。甘くておいしかった。

f:id:gohandekitayo:20170708230222j:plain

大阪府のHPに

大阪府はぶどう栽培が盛んで、全国第9位の収穫量(5,140トン)を誇るぶどう産地であり、全国に出荷しています。特に主力品種のデラウエアでは、収穫量全国第3位です。』

と書いてありました、意外。

でもそういえば、うちのあたりで売っているのデラウエアは大阪産ばかりかも!

 

ごちそうさまでした。